« 飴とむち | トップページ | ペットと泊まれる宿(伊豆高原) »

2005/08/15

終戦記念日

蒸し暑い朝、日本のセミという感じの“ミンミン蝉” 元気よくうるさいぐらいですが確か一番長く地中にいるミンミンゼミも よ~く聞いてみるとアクセントに微妙な違いがある様な・・・求愛の鳴き声なのでしょうか。よい伴侶がが見つかりますよう。(*^。^*)

お盆休みのせいか商店街も半分はお店がお休みです。通勤の人達もまばら・・・電車もすいてるみたいですが 渋滞覚悟の帰省ですが 湖畔の花火、灯篭流し、太鼓大会などの催し物、懐かしい顔との再会が “渋滞何のその!” 次の日からの鋭気に繋がる、そんな気がします。田舎のない私はお付き合い帰省でしたが最近は私の方が 乗り気!

今朝の散歩でダイが苦手な犬に遭遇! 「待て。」も「スワレ!」も聞かず吠えだしてしまいましたので 「すいませ~ン、朝からうるさく吠えまくって、ごめんなさい!」と言いましたらその飼い主さん。「犬が吠えたぐらい、いいのよ~」と言ってくれました。 そうです、犬は吠える物なんです!! 吠える理由もあるんです。  でもそう言ってくれると嬉しいですね。(*^。^*) 

  815

今日は「終戦記念日」、人間の愚かさの極み “戦争” もう絶対あってはならぬのに・・・

« 飴とむち | トップページ | ペットと泊まれる宿(伊豆高原) »

コメント

今日は終戦記念日ですね。今孫たちを駅まで送りました。中3・1.小6・3年の4人に今朝ばばは小学1年の夏戦争が終わったのよと、空襲警報が鳴る度に、妹の手を取り裏山に逃げた事、
家族とはぐれても山の尾根ずたいの道を使い、祖父の村に行く事と教えられた事。遠くの大きな街の空が爆弾で真っ赤に燃えて見えた事など、始めて話ました。
皆神妙な顔で聞いてくれました。二度と在ってはなりません。

その後上海に居る孫がお土産に1弦琴とあの国の民謡?集CDを聞いています。静かな癒しの曲で、ゆっくりした気持ちになります。

笑っちゃいました、ご主人の「焼酎」の件・・・・。

夏になると帰省する田舎がある人が羨ましいですね。
いつでも何処へでも行けるといっても、帰省には独特の雰囲気があります。土地の人との触れ合い、それがいいのですね。

暑い暑いと言いながら、それぞれの夏を過ごせる時代を有難いと思います。平和なればこそ・・・・。今でも世界は、戦争や貧困がなくならない、ひとごとであってはならないと改めて思います。


dekomamaさん

「戦争体験」を封印されて口を閉ざしていた沖縄のおばあちゃん、次世代の子供達にやっと重い口を開いて涙ながらにマイクの前に立っていました。
知らない事は恐ろしい事ですよね。
体験を語ってくれた事に お孫さんも改めてと言うか初めて戦争を身近に感じたかもしれませんね。
父のつらかった過去、やはり身近に聞いて初めて心に深くしみこんだのは 何年前だったかな~~
優しいお孫さんのプレゼントは ジジも楽しんでいらっしゃるかな?? やはり読書の方かしら。(*^。^*)

ジジもババも 残りの夏お元気で乗り切ってくださいね。

すいれんさん

海では泳がれなかったのでしょうか。(^_^;)
私も海は大好きでしたが、最近泳いでないですね~
プールより泳げるので 浮き輪で沖までぶらぶら行くのが好きでした。(そんな経験最近してないですが・・・)

渋滞の中出かけるなんて!と年と共に思うのですが行けば「きてよかった~」と思うんですが帰りがまた大変でした。
「仕事人間」卒業してからはゆっくり気ままに行き帰りしてます。

終戦記念日も過ぎてしまえば“戦争”が世界で勃発している事すら、日々の忙しさの中でテレビニュースぐらいでしか目にしない・・・反省ですね。仰るとおり他人ごとでないですから。

今パソコンに向かう私にも 外からミンミン蝉の声が聞こえてきます。夏を実感する一時です。娘一家が留守なので何となくのんびりして<第2時世界大戦を振り返る特集番組>のテレビドラマを2本見ました。「遅すぎた帰還」ルバング島で生きた小野田さんとイラクで撃たれた「戦場ジャーナリスト橋田信介物語」です。今世界のどこかで起きている戦争。そしてその戦争は決して歴史上の出来事だけではなく、永遠のテーマである事を改めて考えさせられました。

終戦記念日この日本の平和が、嘘のようです
そんな遠い昔で無いのに
空襲に逃げ惑い我が家が〔浅草〕焼けてたのを 疎開先で
3歳の妹の手を握り締め振るえて、怖いのを我慢してた事も
母や弟が無事で、いてくれるか、判らなかった恐さ
決して忘れる事出来ません
今ニースを見るたび世界の子供達が 戦火に巻き込まれているのを見ると 可哀想で正視できません
二度と孫達にあの思いだけは、させたくありません。
戦争の無い平和が早く 来ればと願っています。

ayaさん toyokoさん

私は戦争を知らない世代ですが、皆様の体験をホンノ少しでも垣間見られました事、感謝いたします。
文字にする事や話をする事すらシャットアウトされていた時の事を思うと、本当に風化してはいけないと痛感しますね。
我が家の子供達も戦争について真剣に考えているとは言えませんが 日本でも些細な戦争劇はあちこちで起こっている怖さをわかって欲しいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85256/5475201

この記事へのトラックバック一覧です: 終戦記念日:

« 飴とむち | トップページ | ペットと泊まれる宿(伊豆高原) »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

 W・コーギー ダイ

  • 最初で最後のワンコ
    W・コーギー・ペンブロークのダイは14歳と3か月で 亡くなりました。皆さんからたくさん愛情を頂き たくさん励まして頂き 幸せワンコです。ありがとうございました。私達、家族もこの癒し犬に ありがとうの言葉は何回言っても言い足りません。 2013年6月 コーギー犬のケンタが我が家に仲間入りしました。

ケンタ

  • ケンタ
    安曇野生まれ 2013年1月25日生

いちえ会

Officeで描画

station2

無料ブログはココログ