« 留守番 | トップページ | ハナキリン »

2006/02/01

沖縄の旅

40年来の友人と真冬の寒さを離れ 暖かい沖縄を旅してきました。

   okinawa

世界遺産に登録され琉球の歴史を代表する建物 首里城、瓦の独特な赤を復元するのに苦労なさったそうですが朱塗りの外観がすばらしかったです。
マリンブルーを一望できる絶壁 万座毛 足がすくむような所で観光写真を皆さん撮っていますが、風が強く慎重に・・
沖縄ワールドの大鍾乳洞、玉泉洞は洞窟の中の可愛い魚はともかくコワゴワなが~い探検でした。(^_^;)でもエイサーは迫力満点で沖縄の皆さんみんなが 踊れるのかと聞きましたら学校の運動会などでも披露するそうです。男女見分けがつかないくらい可愛い沖縄の若人達でした。

   okinawa1

備瀬のフクギ並木は自然の風、砂、暑さから生活を守る幸福の木だそうですが今残っているのは少なくなったと教えてくれました。昔ながらの沖縄の集落も消えつつあるのでしょう。あまりツアーなどでは立ち寄らない所だそうです。

   hanaokinawa

琉球村のツノの立派な水牛も 蝶々園のオオゴマダラ(日本一大きな蝶で、沖縄が生息する北限といわれているそうです。)も 大きさに目を見張りましたがかわいい~

   doubutu

美ら海水族館のジンベイサメの餌付けシーンは圧巻です。水槽の前から足が動かなくなります。以外にもエビなどを刻んだ物を大量の水と一緒に飲み込み 水は後ろのエラ(?)から出すそうで水はちょっと濁ってしまっています。深海魚や沢山の熱帯魚も目を楽しませてくれます。園内から見た伊江島などの景色もすばらしく 一日づっといても絶対飽きないでしょう。

   okinawasame

至る所に見られるシーサーもオスとメスがあり、口をあけているのがオスで幸せを吸い込み疫病神を追い払い、またメスは幸せを吸い込み今ある幸せを逃がさないそうで 両方とも魔よけで国道58号線などの交通量が多いところでは 交通安全を願いシーサーの頭を道路側にして立っていました。
沖縄の海は本当に 「七色の海」 でさんご礁が太陽光線の屈折またお天気によりいろいろな色の変化で お天気がもっとよかったらもっときれいなブルーが見られたのに少し残念でしたが 曇り空でも30~40分歩いただけでも顔がひりひりしたのは気のせいではなかったみたいです。やはり陽射しが違います。
白砂と呼ばれるきれいな砂は珊瑚が砕けて出来たそうで 幸せを運ぶ “星砂”は 海藻などに付着した有孔虫(ゆうこうちゅう)の死骸が砂浜に打ち上げられたもので、星の形をして幸せを運んでくれると言う言い伝えがあるそうです。

ガイドさんの話を少しまとめてみましたが、沖縄の中に基地があるのか基地の中に沖縄があるのか至る所 民家のすぐそばに金網地帯があります。 大型ヘリコプターが沖縄国際大学に墜落した時の新聞に出ない話や ひめゆり部隊の若き女学徒の末路を話す時は涙をこらえて…資料館では一部ですが当時の映像が流され 戦争体験者の話も聞かれましたが 目を見開いてしっかり見ておかなくてはと思いながらも思わず顔をそむけてしまう悲惨な場面も。二度とこんな戦争はあってはならない…

沖縄が少し身近に感じられた旅でした。

« 留守番 | トップページ | ハナキリン »

コメント

「暖かな沖縄の旅」パチパチパチ…(拍手)
ミニシアター観賞したみたいで良かったです。
写真を何度も何度も覗き込んでしまいました。(^^)
小瓶に入れてある星砂と小さなシーサーが我が家にもあります。


沖縄だったんですね・・お帰りなさい・・私ね旅行する方に頼むのね・・買ったお土産より・石を拾ってきてと、今万里の頂上の石と、ヒマラヤの山の石が有るんですよ。
オオゴマダラ・・昆虫好きの私は、この写真が一番素敵です。
あらためて ご旅行良かったですね!!

お帰りなさい!とりあえずこれだけ・・・。
これから出かけます。帰ってからじっくり
読ませていただきますね。
ダイ君さぞ喜喜喜喜喜。。。

お帰りなさい、ご旅行だったのですね。
沖縄、いいな~、行きたいところです。
「いちえ会」で話がでていますね。
実現するといいのですが・・・。
気候。風土が独特で、歴史的にも奥が深く、沖縄の虜になる人が多いようですね。
私は、本場のエイサー、見たいです。

Masueさん

あいにく曇り空で海の色はいまいちでしたがゆったりツアーでよかったです。
沖縄本島も小さな島ですがまだまだ回ってみたいところは数知れず また来たいですが4月のは無理でしょうね~

ゆったり話すガイドさんも添乗員さんも沖縄美人さんでしたよ。短い間でしたが名残惜しかったですね~~ komabaより。

♪kotoさん

私もしっかり白砂と珊瑚のかけら・奇麗な石など拾ってきましたよ~~

食べ物は期待していなかったですけど 安いツアーの割にはバイキングは豪華でした。欲を言えば温泉があれば…

この蝶々園は kotoさんなら蛹からじっと見入ってしまうでしょうが 私は写真だけとるのが精一杯、でも透明感のある奇麗な羽を持っていましたね。
ただ触れないんですよ~きたら反射的によけていましたから…友人に笑われましたが。

♪yuさん

帰りが11時ころだったので ダイは寝ぼけ眼だったみたいです。
やっぱり太り気味だと再認識!ドテッと体を押し付けて眠っていました。
お~久しぶりの感触だ~ (^.^)

♪すいれんさん

4月の沖縄、実現しそうな雰囲気ですね~
エイサーは見ごたえあります、何しろパワーが違いますからこちらも力が入って 若人のエネルギーを分けてもらっている感じですよ。
迫力満点・可愛さもありあっという間に30分経ってしまいました。

今度は島々や城跡めぐり行きたいですね。
きれいな花々・食べ損なったおいしそうなフルーツ類・機織や三味線の体験コーナー・海にも入りたいし…ア~また行きたいです。

お帰りなさ~い
暖かな沖縄で、普段の疲れを癒す気分転換できて良かったね
青い海に南国の花・・・見所沢山でしたね。
食べ物も美味しかった?

お話楽しみにしてます。

沖縄...お帰りなさい。
良い天候に当たりましたね(*^_^*)丁度姉も沖縄で、始めの地で感激して帰ってきました。私も最近は行ってないですがジンベイ鮫は圧巻ですよね。一緒に行った孫がジンベイザメと言えずベロベロレーと言いわらったのを思い出しました。
旅はストレス解消です。私まだ光になっていないんです。
申し込みが多く、遅くなるようです。

DAIさん 今晩は~。

沖縄へいらしてたんですね。
すてきな写真も見せていただきました。
文がすばらしくて一緒に旅をしたみたいな気分になってます。

青い空と海のもとでリフレッシュされたことでしょう。
海には人を癒す力があると思います。
私も碧い海を見に行きたくなりました。

美しい写真ですね。ほんとうに懐かしいです。私は昨年同じ頃いきました(ラスティーはホテル・・動物病院)
Daiさんが言われているように、美しいところをまわった最後の日にひめゆりの塔へまいりました。私もあそこはほんとうに胸がいたむものがありました。夫も終戦のとき士官学校の学生だったこともあり、沖縄は今までとても足が重かったようです。ほんとうは駆け足でなく、ゆっくりとまわりかったようです。先輩たちの足跡をたどって。

ごめんなさい。暗い話になって。写真ほんとうに美しいですね。ありがとうございました。ダイちゃんのお迎えの喜びよう目に見えるようです。

♪kimamaさん

こんばんわ。
ゴーヤチャンプルだけはこれから先、食べないかもしれない…
いくら健康に良いといってもね。

沢山の小さな島々も行きたいですね。

♪dekomamaさん

ホント、旅はストレス解消ですね。
このツアーはゆったり目の日程で助かりましたよ。

光は申し込みから2ヶ月先だとこちらのマンションでは言っています。待ちどうしいですね。(*^。^*)

♪ゆめこさん

ありがとうございます。
残念ながら“海の碧さ”はお天気が曇りだったので100%満足のいくものではありませんでしたので 今度夏に行きたいです。

♪rasuthiさん

ひめゆりの塔は 絶対立ち寄るとは思うんですが 沖縄を離れる間際でしたから飛行機の中、あの写真と映像がなかなか離れませんでしたね。

ダイは帰宅して私がお風呂に入ると洗面所まで来て出るのを待っていてくれました。(^^♪
二人で寄り添って ぐっすり寝ましたね。 

沖縄の旅 どれもこれも写真テレビ等で見ただけでしたが
Daiさんの目で、説明されると一度も行った事の無い私は何度も
写真みました。行って見たいですねぇ~
琉球の歴史から 今度の戦争と大変でしたのに、陽気のせいか
写真で見る限りでは ゆったりとリフレッシュ出来そうですね。
又お話聞かせて下さい

♪toyokoさん

今度は島々を回ってみたいですね~
やはりなんと言っても海の色、七色の海をぜひ見たいもんです。

ア~また行きたくなっちゃいましたよ。
沖縄そばは素朴な味で美味しかったです。
また皆で旅行したいですね。(*^。^*)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 留守番 | トップページ | ハナキリン »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

 W・コーギー ダイ

  • 最初で最後のワンコ
    W・コーギー・ペンブロークのダイは14歳と3か月で 亡くなりました。皆さんからたくさん愛情を頂き たくさん励まして頂き 幸せワンコです。ありがとうございました。私達、家族もこの癒し犬に ありがとうの言葉は何回言っても言い足りません。 2013年6月 コーギー犬のケンタが我が家に仲間入りしました。

ケンタ

  • ケンタ
    安曇野生まれ 2013年1月25日生

いちえ会

Officeで描画

station2

無料ブログはココログ