« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月の7件の投稿

2012/04/29

花・鼻

4月28日

駒場小路のチューリップ

T1

T3

T2

駒場東大駅から 踏切までの道をいつのころからか 駒場小路と呼んでいます。

P1000120

この春も お花が大好きな方が手入れして下さり我々の目を楽しませてくれます。写真はほんの一部です。
なかなかお目にかかれませんが いつもありがとうございます。

Hanarain

4月29日

朝の散歩

鼻 突き合せ ごあいさつ( ^)o(^ )

Dai 全員 男性!もちろんダイが 最年長(*^_^*)

駒場東大の白い星

ベツレヘムの星(オオアマナ)

オーニソガラム とも言うそうですが 数年前にCさんから教えて頂き、毎年この時期楽しみにしている “ベツレヘムの星” です。

東大校庭で 野球部員の声を聞きながら とてもきれいに咲いていました。

Inu

Ic003* ****

Ooamana1a


Ic002 *****


Ooamana2

Ic005

Ooamana3

Ic003

P1000145

Ic002

P1000170

Ic003Ic002

P1000176a

新緑のいい季節 ぎっくり腰なんて言っていられません。(>_<)

2012/04/22

曇り空の江の島へ

4月20日(金)

車では何回か行った事がある江の島ですが 江の島弁天橋を歩いて渡るのは初めてです。

右手に相模湾と 晴れていれば富士山がくっきりと見えるはずですがカモメ・トンビが優雅に舞っている春の光景でした。

橋を渡り切って 青銅の鳥居から 参道の商店を覗きながら江の島神社の入り口に向かいます。

Enosima1

Natu_image

江の島神社は

「江の島の歴史とともに愛され続ける由緒ある神社で、辺津宮(へつのみや)、中津宮(なかつみや)、奥津宮(おくつみや)と呼ばれる三社の総称」だそうで それぞれ海の守り神である女神が祀られているそうです。三姉妹に守られているんですね~

エスカーに乗り 展望台を目指します。

英国人貿易商サムエル・コッキングさんが作られた庭園跡地、コッキング苑では 四季折々の花々が咲いていますが 数名の作業員さんが忙しく働いていました。

Kamome

展望台からは 晴れていれば片瀬海岸から鎌倉・三浦半島・湘南海岸などが海の青さとともに楽しめるところですが 今回は絶景 と言う訳には行きませんでしたが風を感じながらの心地よい散歩となりました。

*::::::::: 

磯釣りのポイントでしょうか岩場では釣り人が数名、富士山を見ながら釣り糸を垂れる と言う訳にはいきませんでしたね~

岩屋を目指す頃には カメラのバッテリーが無くなり始め、洞窟や海に面した食事処、江ノ電に乗って向かった 線路わきの甘味処“無心庵” の写真がないのが残念です~(>_<)

Natu_image

Kamome1_2

Natu_image

Sakuraa

Enosima3

曇り空の中の ピンボケくらぶ、今回も楽しい1日でした。ご一緒下さったみなさん~お世話になりありがとうございました。(*^_^*)

2012/04/19

初めての宿 

4月15日

*******

渓山荘

自然の中にある落ち着いた宿、こんな宿にペットと一緒に宿泊できるとは思っていませんでした。

****

古いお宿は 2000年からペットOKだったそうですが 最初は小型犬だけだったそうです。

からだにも心に優しいお食事とワイン、疲れを癒す温泉、静寂と自然。あるのはこれだけす。と謳っているように ほんわかした気分にさせてくれました。。

Fkaz_011

散歩道

「村内の諏訪神社の舞殿を移築したもので、梁がめぐっている天井が歴史を感じます。宮大工に移築を依頼し、釘を一本も使用せず、建築いたしました。両部屋には池があり、先代が慈しみ育てた鯉が気持ち良さそうに泳いでいるのが見えます」。Webより

******

こんな部屋にペットと一緒に泊まれると言う事はとってもありがたいのですが…

布団の上にチッコしないよう “細心の注意”をいたしました~(笑)

と言っても 散歩の回数を1回増やしただけですが。(-_-;)

******

Keizansou1

Cmin_002

そばを流れる渓流の音を聞きながら… 空気が澄んで少し寒いですが 部屋に炬燵があるのも嬉しいですね~

******

Keizan1

春を感じさせてくれる花々

Keizan2

017

宿の前にも ダイの散歩道が広がっています。

Keizan3

******

夜は洋食。朝は和食を頂き 曇り空の中 榛名山へと向かいます。

014

******

榛名山ロープウエイ

山頂から晴れていれば 富士山も見られるそうですが、係員さんもお客さんが少なく退屈そうでしたね。

ローウエイ・リフト・遊覧船 は旅の楽しみを倍増させてくれると思うのですが 高い所が苦手なアッシーさんは ダイと車中寝。

残念ながらこの景色 絶景とは程遠いのですが ゆっくり山頂から遠くの山々を…霞んで何も見えません~(>_<)

******

Haruna5

Ha 

水沢観音から水沢うどん街道

******

初めて食べた 水沢うどん

「水沢うどんの由来は古く、伝統大使の頃中国から渡来した名僧から秘伝に授けられたと伝えられています。
水沢うどんは、足で踏み、手でこねても、粉を殺さず、粘着力を出すように努め、茹で方も透明感が出たら揚げて水に入れてよくさらす…。 今でもなお、この古くからの製法を守り、伝統ある水沢うどんの味をお伝えしております。」
と言うように コシの強いうどんは 讃岐うどんとはまた違ったおいしさですが舌触りが柔らかく つゆが ゴマダレや山菜などいろいろあって美味しかったです。
やはり清らかな水 のせいもあるのでしょうね。

******

びっくり仰天したことが…8人ぐらいのグループのおばちゃん連中、てんぷらとうどんのセットを注文したのはいいけれど食べきれず。。。
残りのうどんを バックの中から出したビニール袋に 入れて夜は鍋焼きうどんだわ~と言ってかき集めていました。
確かにうどんの量は多そうでしたので 小鉢(と言ったかな) 少なめにしたんですが お店の方に言えばパックを貰えるのではないかなと思うのですがね。堂々とするところがすごいですね。 
Udon

Fkaz_012

桜が 睡魔を吹き飛ばしてくれています。

Sakura

Sakura2

I01

楽しかった1泊旅行、ダイが帰ってから元気になったような気がします。

歩き方が スムーズで家族同様 リフレッシュできたみたいです。

宿であった柴犬 さくらちゃん、1歳の女の子

震災で引き取られて幸せに暮らしているラブちゃん(お名前は?)
片品村同様、川場村にも被災者の方々を受け入れたそうですがペットは出してはいけないと言う事で車の中での生活だったそうです。

夏場の暑さで かわいそうとこのお宿の方かどうかわかりませんがすぐお隣で 預かったそうですがそのまま引取り犬となったそうです。

とっても人懐っこくおとなしいワンちゃんだそうで、こちらの窓から おいでをするとしっぽを振ってくれました。

みな幸せワンコですね。

Wako_2 

お世話になりましたと~さん junko-mamaさん
ありがとうございました。

楽しい思い出のページが増えました。(*^_^*)

2012/04/17

お山は最高

4月15日(日)

雨模様だった前日とは打って変わっての 行楽日和になりました。

渋滞もなく 赤城高原SAへ到着です。

Img_9445_2

遠くに谷川岳と武尊山を眺めながらの散歩、日曜の割には本当に空いていました。

谷川の方が 低いんですね~

青空と 横にのびる雲(くちばし雲??)が清々しい気持ちにさせてくれました。

Tanigawa_2

073_2
気持ちの良いドライブが続きます。

向かった先は…尾瀬方面。

Kousoku_2

073_2

沼田で降り、沼田城址公園へ。

賑やかな音楽とたくさんのテントが張ってあり 「4月15日は さくら祭りが開催され、グルメフェスタやコンサート、物産展などが催され、祭りに華を添える。」そうですので すごい人手に駐車場に入らずUターンしました。

桜がきれいだろうと調べもせず来てしまいましたが 見頃はもう少し先の様でした。

073_2

地図を見ながら目的地変更です。

日本ロマンチック街道(ドイツのロマンチック街道は聞いた事がありますが 日本のロマンチック街道は

「長野県小諸市より軽井沢町を過ぎ、群馬県草津町、沼田市を経て、栃木県日光市までの全長約230Kmの街道を日本ロマンチック街道と称する」

と言う事を初めて知りました。

「日本の滝百選」:東洋のナイアガラと呼ばれる 吹割(ふきわれ)の滝

沼田から カーブの多いロマンチック街道を走ります。リンゴの産地でもあるようで看板がたくさん見られました。

老神温泉郷・オートキャンプ場・ソフトクリーム12種類なんて言う大きな看板も目に留まりましたが 1時間もかからずに 吹き割れの滝、駐車場に着きました。

今まで いろいろな滝を見てきましたがほとんど、滝までの到達時間(急な階段や山道を下って やっと滝の音が聞こえて来る)は 10~20分はかかりましたね。

それがこの滝は 駐車場のすぐそばでしたが ダイは車でお留守番させましょう~

「事故が多発しているので 白線から外に出ないように」と言うアナウンスを聞きながら 降りて行きました。

Hukiwaria_2

滝の写真は うまく撮れませんが、この広い川床を流れてきた水が渓谷を割くように あたりに水しぶきが飛んでいます。

やはりもっと近くで覗き込んで見たい~と言う衝動に駆られますね。(>_<)

長い冬からさめ、まるで生きているかのように渦巻きながら流れる水に吸い込まれそうになります。

Img_9490

Hukiwari3

監視員の方が一人 退屈そうにしていらっしゃいましたが、見物のお客さんも少なかったようです。

ナイアガラの滝は実際見た事はありませんが 本家に劣らない水の輝きと光だったのではと思います。

飛び散る水は柔らかく、時には激しく飛び散り まわりの渓谷美と共に 素晴らしい絵模様、この橋を渡ると対岸の遊歩道になっていますが 秋の紅葉もさぞさぞきれいでしょう。

あまり期待しないで入った 物産直販所、とっても美味しいおそばとまいたけの天ぷら を頂きましたが 注文をしてからの時間が…待ったかいがありました。 

073_2

さらに車を走らせます。

とっても大きい車で ニコニコしながらとうさんが迎えに来てくれました。(*^_^*)

向かった先は とうさんが作ったドックラン!!

junko-mamaさんと 2匹のコギちゃんが ドックランで待っていてくれました。

Img_9517_2

まずはご挨拶 (*^_^*)

1_2

ローン君は 思ったより大きかったです。

お腹周りは…ローン君を見習わないとね。(^_-)-☆

エミーちゃんは 写真よりづっと美人さんです。

E_2

R_2

優しく 素敵な兄妹です。

美味しいお水もた~くさん頂きました。

Img_9536_2

Img_9503

おじいちゃん相手に 遊んでくれてありがとう!!

Img_9523_2

女性上位かな~(*^_^*)

Katasina

このドックランの他に もう一か所、と~さん 手作りのドックランがありました。

まわりには剪定をしてもらった紫陽花さん達、この澄んだ空気があればこそきれいな花へと あの神秘的な色の秋色紫陽花になるのですね。

074   

R2_2

澄み切った空気と やわらかく優しい土の感触 若いコギちゃん達からた~くさんの力をもらって これからも元気で過ごそうね。

ダイもフローリングでは 後ろ足が滑ってハの字 になってしまいますが、毎日のお散歩頑張って あと2~3年ぐらいは…また来ようね。

今度は 紫陽花色で染まったころに・・・いつか。

022_3   

予定変更で滝まで行ってしまいまして、とーさん mamaさんにはお疲れの所、お忙しい思いをさせてご迷惑をおかけしました。申し訳ありませんでした~

お庭のたくさんの花々も春を待っていましたね。。まだ一部に雪をかぶった山々、空気が澄んで ホカホカの土は 春の香りも感じられました。

本当にありがとうございました。

夜の宿泊は 渓山荘

2012/04/10

春爛漫

4月9日

Img_9426

Img_9357

Img_9365

Img_9403

Img_9350

Img_9363_2

Img_93801

Img_93841

Img_9434

夕日に映えて…

Mitizouin

5時頃の 川口安行の密蔵院、ヒヨドリさん達だけが賑やかでした。

Ha

あと一息

123

ipad 用の袋、このパターンは好きで何回か使っています。

Wifi 用の袋もお揃いで…Cさん~ 載せたよ~~(*^_^*)

 

2012/04/03

春の嵐

4月4日

朝の散歩道

昨日は 夕方から爆弾低気圧(中心気圧が爆発的に発達することから爆弾低気圧と言われるそうです)、凄かったですね~

横倒しになったトラック、倒れた電柱 映し出される映像に台風とは違う 春の嵐の大きな被害に唖然と致します。

一夜明けた朝 空は青く風が強い寒い朝です。

Asasanpo

4月3日

台風並みの低気圧、朝9時に家を出た途端 強風です (>_<)

今日の予定をキャンセルすればよかったかな~

お互いに忙しかった3月、やっと日程があい友人とランチの予約を入れてしまったレストラン。

駅に続く公園の桜も いつの間にか数本 綺麗な姿を見せてくれています。

L01

仲良しさん

Jyanken

Sakura1

Sakura2

もくれん

Mokuren

さくら

Img_9298

Img_9331

**********

ダイの散歩道 今年はここまで歩けませんね~

車に乗って来ましょうか~もう少ししたら この公園全体が桜色に染まります。

Kouen403

***********

Sakuraa



*****************************

P1250108

3時ころから ポツポツ降り始めました。どんよりした雲 あいにく富士山は見られませんでしたが 楽しい時間はあっという間に過ぎ お天気なら新宿御苑へ寄りましょうと言っていたのですが お預け、足早に帰宅しました。

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

 W・コーギー ダイ

  • 最初で最後のワンコ
    W・コーギー・ペンブロークのダイは14歳と3か月で 亡くなりました。皆さんからたくさん愛情を頂き たくさん励まして頂き 幸せワンコです。ありがとうございました。私達、家族もこの癒し犬に ありがとうの言葉は何回言っても言い足りません。 2013年6月 コーギー犬のケンタが我が家に仲間入りしました。

ケンタ

  • ケンタ
    安曇野生まれ 2013年1月25日生

いちえ会

Officeで描画

station2

無料ブログはココログ